本文へスキップ

足立区扇の瀬田カイロプラクティック院は、長年の腰痛や肩こり、自律神経失調症などの脳が関連する慢性症状を専門とする整体院です。

TEL. 03-5856-8552(予約制)

〒123-0873 東京都足立区扇1-34-22

痛みのメカニズムAMCT

■痛みのメカニズム

世界初!「病は気から」は本当だった!

北大がメカニズム解明


 

慢性的なストレスによって、胃腸炎や突然死などを引き起こすメカニズムを、北海道大学の村上正晃教授らのグループがマウスの実験で突き止めた。

 

 過労による突然死や、慢性的なストレスがさまざまな病気を悪化させることは経験としてよく知られているが、そのメカニズムについてはほとんど明らかにされていない。

 

 北大遺伝子病制御研究所のグループは、床を湿らせたケージで飼育することで、慢性的なストレスを与えて睡眠不足にしたマウスを使って、慢性的なストレスと多発性硬化症の関連性を調べた。

 

 多発性硬化症は、脳の中枢神経を包む組織が破壊されると、脳や脊髄、視神経などに硬化が起こる病気。グループはこれまでに、多発性硬化症のマウスでは、重力や痛みなどの刺激によって、特定の神経回路が活性化し、中枢神経のいろいろな場所の血管に免疫細胞が侵入し、病状が変化することを突き止めている。

 

 睡眠不足で慢性的なストレスを与えた正常なマウスの血液に、多発硬化症のマウスから採取した免疫細胞を注入した結果、通常の多発性硬化症に見られるしっぽや後ろ足の麻痺は起こらず、7〜8割のマウスが1週間ほどで突然死した。

 

 死因を解析したところ、胃と十二指腸の炎症による出血が引き金になって、心臓機能が低下したことが判明。免疫細胞の行方を追跡したところ、脳内の特定の血管に集中して小さな炎症が発生していたという。

 

 一方で、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を注入しただけのマウスは突然死しなかったことから、研究グループは、脳内に炎症を引き起こす病原性の免疫細胞が血液中にあることで、ストレスが引き金になって、胃腸や心臓疾患を招くと結論づけた。

 

 同じ細胞は人間にもあることから、研究グループは、「血液検査でこの細胞の有無を調べることで、ストレス性疾患や突然死のなりやすさを予測できる可能性がある」と期待を寄せている。

 

 なおこの研究成果は、2017年8月15日付の生命科学誌『eLIFE』に掲載された。

こちらの文章は、Hazard lab からです。





もっと詳しく知りたい方は、北大の
世界初!「病は気から」の分子メカニズムの解明
をご覧ください!







 

「痛み」そのものが神経の病気の再発のきっかけに

北海道大学は2015年7月24日、同大遺伝子病制御研究所の村上正晃教授らの研究グループが、痛みが神経の病気を悪化させることを実証したと発表した。この研究成果は、生命科学の専門オンライン誌「eLIFE」に、7月20日付けで公開されている。


画像はリリースより

痛みは多くの病気に共通する症状であり、慢性的な痛みは生活の質を大きく損なう。しかし、これまで痛みは単に病気の副産物と考えられていて、痛みが直接、病気を悪化することは知られていなかった。

以前、同研究グループは、地球の重力がふくらはぎに存在する抗重力筋であるヒラメ筋を刺激することによって生じる神経ネットワークが、交感神経の活性化を誘導し、血管の状態を変化させ、多発性硬化症の動物モデル(EAE)の病気を発症させる起点となるという現象「ゲートウェイ反射」を報告した。

これは、感覚神経-交感神経の活性化を介して神経ネットワークが生じ、標的臓器の炎症状態を変化させることを証明するものだった。今回は、多くの病気に付随する「痛み」で始まる神経ネットワークを介して、病気の症状にどのような影響が生じるのかを調べたという。

多くの中枢神経系の病気の再発を防ぐ新たな手段となる可能性

今回、研究グループは、「痛み」を介する神経ネットワークが、病気の症状にどのような影響を与えるのかをEAEマウスを使って検証。その結果、実験的に痛みを与えるとEAEの症状が悪化し、逆に鎮痛剤を与えるとその症状が改善したという。このことは、痛みが直接的に病気の進行に関与していることを示している。

次に、一過性に病気を発症するマウスを利用して、症状が落ち着いたとき(寛解期)に痛みを誘導した。すると、EAE の症状が再発したが、他のストレスではEAEは再発しなかったという。また、今回の痛みによる再発は、以前報告した「ゲートウェイ反射」と同じ経路により起こることも判明した。

ヒトの多発性硬化症は、再発と寛解を繰り返し、痛みを伴うことが知られているが、今回の発見は、痛み自体が多発性硬化症の再発のきっかけとなることを示唆している。今後、鎮痛剤等を用いた痛みの抑制や、神経シグナルの抑制物質が病気の再発を防ぐ新たな手段になることが考えられる。また研究グループでは、多発性硬化症以外の病気と神経ネットワークの関係についても今後研究を進めて行きたいとしている。

医療NEWSから転写



もっと詳しく知りたい方は
北大の

痛みが神経の病気を悪化させることを実証

をご覧ください!



なぜ慢性的な痛み・症状が発症したのか?

意識的・無意識的に身体に影響のある心理的なストレスと普段から負担がかかっている筋肉(姿勢動作)とのコラボレーションにより自律神経のバランスが悪くなり血流が悪くなり・筋肉が硬くなり痛みの物質が出て痛くなります。


なぜ痛いのか?

①身体に影響を与える意識的・無意識的な心理的ストレスによる自律神経のバランスの乱れ

②痛みの学習記憶(痛み自体や痛み発症の仕方を記憶している)


なぜ治らないのか?

痛みのループから脱出出来ていない。

原因である痛みと関連する意識的・無意識的なストレス、学習記憶などを解除出来ていない為

どうすれば良くなるのか?

1、症状と関連する原因に気付き解除できると良くなります。
2、症状と関連する筋肉ー神経を矯正することで良くなります。
3、自律神経や経絡の働きが安定すると良くなります。



①痛み症状には自律神経系が関係します。

多くの痛み症状は、自律神経系の働きが関係します。
自律神経系には、交感神経と副交感神経があります。自律神経は、内臓や血管、筋肉など自分の意志では調節できないものを自動で調節してくれています。その為、バランスが悪くなると筋肉が硬くなったり、血流が悪くなったり、内臓の働きが悪くなったりします。すると腰痛や肩コリ、内臓の症状など様々な症状が出るようになります。



身体の状態は、自律神経系のバランスが鍵を握っています。

①のように交感神経も副交感神経も高い状態でバランスがとれていると  心身共によい状態 
 ②のように
交感神経が高く
副交感神経が低いと
 腰痛や肩こりなど筋肉系の症状、高血圧や血管系の病気、免疫系が関連する風邪、ガンなどを引き起こしやすい
 ③のように
交感神経が低く
副交感神経が高くなり過ぎると
 アレルギー系の症状やうつ病などになりやすい
 ④のように交感神経も副交感神経も低い状態でバランスが取れていると  疲れやすく体力もないが健康状態はそれほど悪くない


ではどうして自律神経のバランスが悪くなるのでしょうか?

・意識的・無意識的な心理的なストレス
・暑さ寒さや気候や気圧、ク-ラーなど
・食べ物、飲み物など
・姿勢や動作
・ウイルス細菌など


様々なものでバランスが悪くなります。

その中でも有力なのが意識的・無意識的な心理的な身体に影響のあるストレスです
身体に影響のあるストレスが加わると以下の様な働きをします。


特に自覚できないストレスが加わり続けると自分でも知らないうちに症状が出ます。
なのでほとんどの方が痛みの原因がわからないと言われます。
慢性症状でいつもの痛みより強く感じる時があります。これは、一時的に心理的なストレスや天候や気候の急激な変化など加わった時に出やすいです。

2011年11月16日に放送されたNHKためしてガッテン『驚異の回復 腰の痛み』で腰痛の85%は原因不明。そして、今まで痛みの犯人とされてきた椎間板ヘルニアは無罪。真犯人は「何と『脳』が関係し『ストレス』が痛みと関係する」と言う事が放送されました。

その内容は、
脳は、通常必要以上の痛みを感じない仕組みになっています。何らかの原因で腰が痛くなってしまい、そこに精神的ストレスが加わると脳の側坐核と言う部位からオピオイドと言う痛みを抑える鎮痛物質がでなくなり、慢性的に痛みを感じるようになる。
と言う事です。




放送では、腰痛でしたが、他の部位も当たり前ですが同じ仕組みです。




②痛み症状には痛みの学習記憶が関係します。

慢性痛にとってもうひとつ重要なのは、学習記憶です。
痛み自体も記憶していますが、痛みの出方も学習し記憶しています。

幻視痛をご存知ですか?
幻視痛とは、怪我や病気によって手や足を切断した人の多くが体験する。あるはずもない手や足が痛む症状。つまり脳内で痛みを覚えている状態です。例えば足を切断したにも関わらず、つま先に痛みを感じたり、あるはずのない手の先端があるように感じます。

慢性痛も何度も痛みを経験することで脳内で腰痛や肩こりなどの症状を覚えています。そして症状の出方も出来あがります。
例えば
・自覚できないストレスにより痛みが出るようになったり
・仕事をすると肩がコル経験をするとそれを覚え、仕事をするたびに肩がコリる
・この動作や姿勢をすると痛くなる

・朝花粉情報を聞くと鼻がでる
・草むしりの後、腰が痛くなる
・肩に鉛が入っている
・足に鉄の棒が入っている

など
脳は、良いも悪いも関係なく記憶します。
なので身体への治療やストレスの治療の他にも記憶などの治療も必要になります。

①自律神経と②学習記憶を一緒に表してみると下の図のようになります。


以上のように①自律神経と②学習記憶が痛み症状を考える上で重要になります。

慢性痛は、これらが自動的に続いている状態です。

痛み症状を改善させていくには上の方でも書いたように

1、症状と関連する原因(ストレス・記憶)などに気付き解除できると良くなります。
2、症状と関連する筋肉ー神経を矯正することで良くなります。
3、自律神経や経絡の働きが安定すると良くなります。


施術方法に関しては、アクティベータメソッド心身条件反射療法を見てください。


参照:臨床痛み学テキスト     監訳:熊澤孝明 エンタプライズ
   痛みと鎮痛の基礎知識上下  著者:小山なつ 技術評論社
   なぜこれは健康にいいのか? 著者:小林弘幸 サンマーク出版




瀬田カイロプラクティック院

瀬田カイロプラクティック院

〒123-0873
東京都足立区扇1-34-22

TEL 03-5856-8552(予約制)
定休日:日・祝
受付時間:午前8時から午後7時
     土曜日は、6時まで